小西得郎

スポーツ

小西得郎

こにしとくろう

プロ野球指導者・解説者。

右投右打、ポジションは外野手背番号は21→30→1→30番。

1896年7月10日生まれ、東京府(現:東京都)出身。

三高校から日本中学、明治大学に進学。第8代主将として東京六大学野球リーグで活躍。

1936年伊藤勝三の後を受け大東京軍の監督に就任。

ライオン軍となる1938年まで務める。

1939年名古屋軍の監督に就任。


1950年松竹ロビンスの監督に就任。

水爆打線を率いて同年、セ・リーグ初代優勝に導いた。

1952年大洋ホエールズ監督に就任。大洋松竹ロビンスとなった1953年まで務めた。

1955年NHKプロ野球中継の解説者として活躍。

志村正順とのコンビで鳴らし、独特の間を醸し出した「小西節」で知られた。

野球解説者の草分け者として知られる。


1971年野球殿堂入り。

1977年6月9日、逝去。


父はロシア文学者の小西増太郎?