スマートフォン用の表示で見る

小説

読書

小説

しょうせつ
  1. 文学の一形式。散文体の文学で、一八世紀以後、近代市民社会の生活・道徳・思想を背景に完成した。作者が自由な方法とスタイルで、不特定多数の読者を対象に人間や社会を描く様式。〔坪内逍遥が「小説神髄」で novel の訳語として用いた〕
  2. もと中国で、日常の出来事に関する意見・主張。また、それを書いた文。
goo国語辞典

関連語:二文字キーワード