スマートフォン用の表示で見る

小川亨

スポーツ

小川亨

おがわとおる

プロ野球選手、指導者、解説者。

現役時代は近鉄バファローズ一筋で、1960年代後半〜1980年代前半にかけて活躍した。

1980年度前後の、いわゆる「いてまえ打線」の一角を担っていた。


シーズン本塁打数は20本が自己記録であるものの、打率は安定した数字を残しており、中距離打者としては優秀な成績であったと言える。

タイトルとは無縁であったが*1大阪近鉄バファローズ球団記録である通算1908試合出場など、同球団を語る上では欠かせない人物である。

現役引退後はABC野球解説者、近鉄打撃コーチ、オリックス打撃コーチを経て、現在はマスターズリーグ大阪ロマンズでプレーしている。

主な通算記録

1906試合1603安打820得点162本塁打633打点141盗塁打率.284

*1:最高出塁率1975年度)、ゴールデングラブ賞1980年度)のそれぞれ1度のみ。