スマートフォン用の表示で見る

小川史

スポーツ

小川史

おがわひろし

プロ野球選手。

右投右打、ポジションは遊撃手背番号は1→24→50→56→1→31番。

1960年6月6日生まれ。千葉県出身。

浦安高から1979年ドラフト外西武ライオンズに入団。

1983年、南海ホークスに移籍。主に控えの野手として出場。

1988年、遊撃手の定位置を獲得。

1993年、一塁・藤本博史、二塁・湯上谷蘐志、三塁・森脇浩司、遊撃・小川史の「ヒロシ」内野カルテットを見せた。

「It's a small world」の応援歌は印象深いものであった。

また、乱闘の際に外国人を止めるなど、勇猛な人物としての評価も高かった。


1996年、通算1000試合出場。 同年、現役引退。

1997年福岡ダイエーホークスの一軍守備走塁コーチに就任。

1999年、二軍守備走塁コーチに転身。

2002年、退団。フロント入り。

2011年福岡ソフトバンクホークスの三軍監督に就任。

2014年、一軍ヘッドコーチに転身。


背番号

小川は1979年ドラフト外西武ライオンズに入団。背番号1番で、番号と共に期待を背負っていた。

しかし、入団の外国人、ジム・タイロン?背番号を譲り渡し、背番号24番となる。

1982年、成長が著しい秋山幸二背番号を譲り渡し、背番号50番となる。

1983年、南海ホークス移籍後は背番号56番となる。

1986年、一軍に定着、元の背番号1番を着用した。

1994年、トレードで入団の秋山幸二に再び背番号を譲り、31番を着用。引退まで通した。