スマートフォン用の表示で見る

小泉淳作

アート

小泉淳作

こいずみじゅんさく

日本画家 1924年10月26日〜2012年1月9日

神奈川県出身。父親は政治家だったが、人子供がいたものの、淳作とはその父親の後妻だった。

画家としての大成は40代に入ってからで豪快で墨絵の濃淡でダイナミックな画風で高く評価される。晩年はし、80歳で完成した。2012年1月に死去。彼の遺稿の自伝はその年の4月に発刊された。