スマートフォン用の表示で見る

小泉内閣

社会

小泉内閣

こいずみないかく

第87、88、89代内閣総理大臣に指名された自由民主党小泉純一郎衆議院議員を首班とする内閣小泉政権自由民主党公明党連立政権*1である。この時から従来の大きな政府から小さな政府にシフトする。

森内閣総辞職により2001年4月26日に発足。2006年9月20日、小泉純一郎自由民主党総裁の任期が満了したため、同月26日に総辞職した。後継政権安倍内閣


小泉政権の変遷

小泉首相の在任期間は2001年4月26日から2006年9月26日。在任日数は1980日

第1次小泉内閣
2001年4月26日〜2002年9月30日
第1次小泉改造内閣
2002年9月30日〜2003年9月22日
第1次小泉再改造内閣(第1次小泉第2次改造内閣
2003年9月22日〜2003年11月19日
第2次小泉内閣
2003年11月19日〜2004年9月27日
第2次小泉改造内閣
2004年9月27日〜2005年9月21日
第3次小泉内閣
2005年9月21日〜2005年10月31日
第3次小泉改造内閣
2005年10月31日〜2006年9月26日

*1:2003年11月21日までは保守新党(旧保守党)とも連立を組んでいた。