小早川毅彦

スポーツ

小早川毅彦

こばやかわたけひこ

プロ野球選手。

右投左打、ポジションは一塁手背番号は6→7番。

1961年11月15日生まれ、広島県出身。名家小早川家の末裔。

中学より野球を始め、PL学園法政大学と進学。PL学園では2度の甲子園出場。

法政大学では、1年春から四番一塁でデビューし、東京六大学野球三冠王、日米大学野球首位打者に輝く。

1984年ドラフト2位で広島東洋カープに入団。打率.280、16本塁打新人王獲得。

1987年山本浩二の引退後、“カープの四番”に座り、江川卓に引退を決意させたというホームランを放つ。

1997年ヤクルトスワローズに移籍。読売ジャイアンツとの開幕戦で、斎藤雅樹から史上3人目の開幕3打席本塁打を放つなど、優勝に貢献した。

1999年、現役引退。

引退後はNHKサンケイスポーツ解説者。

マスターズリーグ福岡ドンタクズ札幌アンビシャスの選手、モルツ球団の選手としても活躍。


2006年、広島東洋カープの打撃コーチに就任。古巣復帰。

通算成績

1431試合出場 3997打数 1093安打 171本塁打 626打点 打率.273