スマートフォン用の表示で見る

小村雪岱

読書

小村雪岱

こむらせったい

こむら・せったい(1887-1940)

明治20(1887)年、埼玉県川越に生まれる。本名、安並泰輔。

明治41年、東京美術学校日本画科卒業。在学中、下村観山、のち松岡映丘に師事する。古画の模写、風俗考証を学ぶ。

大正3(1914)年、泉鏡花の『日本橋』の装幀を行ない、以後、鏡花の作品を中心に装幀、挿絵の仕事を手がける。

昭和8(1933)年に、挿絵の代表作となった『おせん』、翌9年の『お伝地獄』など数々の作品を発表するなど、挿絵の分野にも大きな足跡をのこした。

一方、舞台美術の分野でも異才を発揮し、『一本刀土俵入』『大菩薩峠』など、数多くの作品を制作し、舞台装置の世界で自ら一時期を画した。

また国画会の同人でもあり、情趣と端麗な画風を以て、「昭和の春信」と評された。

昭和15年、死去。

以上、『日本橋檜物町』(中公文庫1990年)の著者紹介を転記。