小太刀術

一般

小太刀術

こだちじゅつ

日本にある剣術のうち、脇差を使用する剣術のこと。大正時代にはかつての日本軍が着剣(銃剣を銃に装着すること)していない状態の銃剣を用いた戦技として、小太刀術を元に短剣術(後の短剣道)も制定した。