スマートフォン用の表示で見る

小大君

読書

小大君

こおおぎみ

平安時代中期の女流歌人三十六歌仙の一人。読みは「こだいのきみ」「こおおいぎみ」とも。

系譜不詳、生没年不詳。

三条天皇の女蔵人として仕え、東宮左近・三条院女蔵人左近とも呼ばれる。

藤原朝光と恋愛関係にあったほか、平兼盛・藤原実方・藤原公任などとの贈答歌が残る。

『拾遺和歌集』以下の勅撰集に二十一首が入集し、とくに『後拾遺和歌集』では巻頭歌に採られている。家集は『小大君集』。