スマートフォン用の表示で見る

小沢章友

読書

小沢章友

おざわあきとも

日本の作家、小説家1949年佐賀市生まれる。早稲田大学政経学部卒。 コピーライター等を経て作家になる。 1993年『遊民爺さん』で第2回開高健賞奨励賞受賞。

伝奇ロマン、幻想、ホラー、耽美と幅広い作風で活躍。歴史古典の児童用編訳も多く手がける。

夢魔の森』『闇の大納言』などの、平安を舞台にした、陰陽師の土御門一族を軸に描く王朝ロマン連作「土御門クロニクル」で、陰陽師ブームの先駆者となる。

また女子大にて非常勤講師として文章創作講座を受け持つ。

1979年〜2001年にNHK-FMで放送されたラジオ番組「クロスオーバーイレブン」のスクリプトを担当。そのときに放送されたストーリーも、短編として後に発表しているものがいくつかある。『遊民爺さん』三部作も、津嘉山正種の朗読で放送され、反響を呼んだ。FM40年特別企画として復活した「クロスオーバーイレブン2009」(『遊民爺さん』)、「クロスオーバーイレブン2012夏」(『就勝乙女(しゅうかつ・おとめ)』シリーズ)でもスクリプトを担当した。

推理作家協会会員。