スマートフォン用の表示で見る

小沢征爾

音楽

小沢征爾

おざわせいじ

※正しくは小澤征爾


指揮者

ポストン交響楽団音楽監督 新日本フィル名誉芸術監督 水戸室内管弦楽団常任指揮者

満洲奉天生まれ。桐朋学園短期大学指揮科卒(昭和33年)。斉藤秀雄に学び、卒後フランスヘ留学。昭和34年ブザンソン国際青年指揮者コンクールで1位となり、その後カラヤンミュンシュに師事。35年アメリカのパークシャー音薬祭指揮者コンクール1位。36年レナード・バーンスタインに招かれ、ニューヨーク・フィルの副指揮者に。このころから“世界のオザワ”として活動を始め、シカゴ交響楽団トロント交響楽団サンフランシスコ交響楽団指揮者をつとめ、48年ポストン交響楽団音楽監督に就任。53年には文革後初の外国人指揮者として中国入り、北京中央楽団を指揮した。また47年以来、新日本フィルの常任指揮者もつとめる。現代音楽とペルリオーズの指揮には定評がある。