スマートフォン用の表示で見る

小中陽太郎

読書

小中陽太郎

こなかようたろう

評論家、翻訳家、TVコメンテーター日本ペンクラブ理事。日本マスコミ学会理事(元)。名古屋経済大学短期大学客員教授星槎大学共生科学部教授。

1934年、神戸市に生まれる。

1958年、東京大学仏文科卒業。NHKテレビディレクターを経て、著作活動に入る。

市民運動、教育問題、歴史、メディアなどを題材にノンフィクションを多数発表。ベトナム戦争中は「ベ平連」の結成に参画し脱走兵救援に奔走。また、日本ペンクラブでも国際会議代表として活躍。

1983〜1984年、フルブライト交換教授としてアメリカ各地の大学で教鞭をとる。

17年目に入る西日本放送「おはようホットライン」コメンテーターなどを務め、テレビ・ラジオでも活発に論評。

とりわけNHK問題では体験を生かして各局で発言している。

著書に、『異文化非言語・グローバルコミュニケーション』、『青春の夢―風葉と喬太郎』(平原社)、『58歳からの“知”の愉しみ』(青春出版社)、「こんなに面白い聖書の話」(青春出版社/近著)等多数。