小鶴誠

スポーツ

小鶴誠

こづるまこと

プロ野球選手・指導者・スカウト。旧名「飯塚誠*1」。

通称「和製ディマジオ」。

右投右打、ポジションは外野手背番号は15番。

1922年12月17日生まれ。福岡県飯塚市出身。

飯塚商から八幡製鉄*2を経て、1942年、飯塚誠の名で*3名古屋軍に入団。


1948年急映フライヤーズに移籍。この間、ゴルフ選手としても活躍。新田恭一に指導を受け、下からボールをすくい上げる「ゴルフスイング打法(ゴルフスイング)」を開発した。

1949年大映スターズに移籍。首位打者を獲得。


1950年松竹ロビンスの創立に伴い移籍入団。.355、51本塁打、161打点でセ・リーグ優勝に貢献。MVP受賞。

金山次郎岩本義行、大岡虎雄?と共に、水爆打線の看板打者として、リーグを代表するスラッガー選手として活躍。

美しい打撃フォームから「和製ディマジオ*4」の愛称で親しまれた。

1950年に記録した161打点はプロ野球記録であり、現在も破られていない。*5


1953年石本秀一に要請され、金山次郎と共に広島カープに移籍。主力選手として活躍し、球団の危機を救った。

1958年、現役引退。

1964年国鉄スワローズのコーチに就任。

1968年阪神タイガースの打撃コーチ就任。

1969年、スカウトに就任。掛布雅之を見出した。

1976年の退団後は東京都練馬区でビル管理会社を経営。


1980年野球殿堂入り。


2003年6月2日、心室細動のため東京都豊島区の病院で逝去。

*1:出身地である福岡県飯塚市から命名。

*2:現在の新日鉄八幡

*3八幡製鉄は軍需工場であったために入団が認められていなかった。大学進学の目的を称し、使用。

*4:打撃フォームがジョー・ディマジオに似ていた事から命名。

*5:1999年、ロバート・ローズによる記録更新の期待がかかったが、151打点に終わった。