小田急5000形

一般

小田急5000形

おだきゅうごせんがた

小田急の通勤型車両

1969年1982年に製造された(6両編成の小田急5200形も含めて)

5000形と5200形

4両編成と6両編成があり、6両編成には先に製造された4両編成との違いが多い為、一部では6両編成のことを「5200形」と言ったりする

しかし、公式では4両編成も6両編成も「5000形」となっている

ここでは説明の為、4両編成のことを「5000形」ということにする*1

6両編成に関しては「小田急5200形」をご覧下さい

詳細

1964年に大型車である20m4ドアの小田急2600形がデビューしたが、あれは各停用なので、急行用として足回りは小田急2400形、車体は小田急2600形と合わせる形で小田急5000形が誕生した

当初は非冷房だったが、5059Fに冷房装置が採用された後、5051F〜5058Fにも冷房化改造をした

走行線区

基本的に準急急行快速急行で他の形式と10連を組んで、新宿方4両を担当する

尚、4+4で8連を組んで各停に入ることはない(物理的には今でも組めますが、ダイヤに乗れない

町田から北で単独運転することはありません)

多摩線では営業運転はしませんが、10連を組んで回送として入る

仕様

制御装置

抵抗バーニヤ制御

加速が滑らかで、スムーズに加速できるのが特徴

主抵抗器が強制通風式のため、常に床下の抵抗器から「ブォ〜ン」という音と共に熱を出している

在籍編成数

4連×15本の計60両(一番多いときで)

6連×20本も足すと、合計180両にもなり、小田急では3000形・1000形に次いで3番目に多い形式となったが、現在では廃車が進行中で、今後も4000形の増備でますます廃車が加速すると思われる

また、5060Fは電気警笛?試験車でスカートに丸い穴が空いている。5063Fはドアの支持方式がHゴムから5200形5258Fまでの編成と同じ白プレート、5065Fは他の編成とスカートの形が異なっている(5200形と同じタイプ)。

MT比率

2M2T

小田急3000形辺りと10連を組むと、かなり引きずられています

*1:普通、「5000形」といったら、4両編成のことを指すことが多いので