スマートフォン用の表示で見る

小田急8000形

一般

小田急8000形

おだきゅうはっせんがた

小田急の通勤型車両

1982年1987年に製造された

基本的には5200形の改良型で、輸送力増強の目的で老朽化した中型車を置き換えた

顔は当時流行していたブラックフェイスを採用していて、前面が一枚のガラスのように見えるのが外見上の特徴である

また、2003年度からは大規模なリニューアル工事を実施している

走行線区

全線、どこにいても会える車両である

各停から快速急行まで幅広い運用をこなす、小田急の主力車両

また、箱根登山線箱根湯本まで乗り入れをする

かつては4両編成を二つ連結して、近郊区間の各停で使用されていたが、今では緊急時以外はやらないようになっている

リニューアル工事の内容

8251F、8255F(2003年)

  • 内装が暖色系に更新
  • 車内に案内LED千鳥配置
  • 遮光カーテンを廃止し、UVカットガラスに交換されている
  • 行き先表示のLED
  • 座席をやや硬めのものに交換

この他、細かいところで更新されている個所がある

8254F、8256F、8258F、8257F、8259F(2004年〜2005年)

  • 上記の更新に加えて、3000形3263F以降のものと同じVVVF制御に改造
  • 小田原方から3両目をM車からT車に改造し、車両番号を「845x」「846x」から「840x」「841x」に改番。更にパンタグラフを撤去

この更新で、3000形とほぼ同等のサービスになっている

8253F(2005年)

基本的には従来と同様の更新だが、

  • 優先席に座席を2:2に分けるパイプを追加
  • 号車表示のフォント3000形で使われている最新のものになっている

8252F、8261F、8262F、8266F(2006年〜2007年)

この更新から、車体側面と前面に東急5050系みたいなフルカラーLEDを採用している

他は8253Fまでの更新と変わらない

8260F(2007年)

この更新から、内装が4000形ベースになっている

具体的には

  • 普通座席の吊革が長いものを、交互に使用
  • ドア付近の足元に黄色のマットを使用
  • 座席の分け方が、7人がけの場合は「2:3:2」に分けるようにパイプを追加

8264F(2007年〜)

この更新から、足回りの改良が施されていて、具体的には4000形と同様の全密閉型の台車を採用している

走行音は3000形3265Fと似ている

仕様

制御装置

界磁チョッパ制御

加速力はあまりなく、他形式と連結した時によく足を引っ張ってしまう

VVVFインバーター三菱IGBT(2レベル))

2004年以降の更新車両ではこの制御装置が採用されている

3000形3263F以降とほぼ同等の機器である

重量級の鋼鉄車体でありながら、加速力はかなりある

在籍編成数

6両×16本、4両×16本の計160両

3000形、1000形、5000/5200形に次いで4番目に多い形式となる

MT比率

6両編成(更新前)

4M2T

1000形4両編成と連結すると、連結部から引っ張られる音がかなりする

6両編成(VVVF更新後)

3M3T

足回りは未更新車とは全く別物と考えていい

この更新編成と8000形4両編成を連結すると、同形式なのに加速がギクシャクしてしまうのが難点・・・

4両編成

2M2T

非力なので、どの形式と連結しても足を引っ張ってしまう

小田急8000形
目次
  • 小田急8000形とは
  • 走行線区
  • リニューアル工事の内容
    • 8251F、8255F(2003年)
    • 8254F、8256F、8258F、8257F、8259F(2004年〜2005年..
    • 8253F(2005年)
    • 8252F、8261F、8262F、8266F(2006年〜2007年)
    • 8260F(2007年)
    • 8264F(2007年〜)
  • 仕様
    • 制御装置
      • 界磁チョッパ制御
      • VVVFインバーター(三菱IGBT(2レベル))
    • 在籍編成数
    • MT比率
      • 6両編成(更新前)
      • 6両編成(VVVF更新後)
      • 4両編成