スマートフォン用の表示で見る

小田嶽夫

読書

小田嶽夫

おだたけお

作家、中国文学者。(1900年7月5日 - 1979年6月2日)

新潟県高田市(現・上越市)出身。本名・武夫。東京外国語大学支那語学科卒業、外務省入省。外務書記として中国杭州領事館などに勤務。 1926年に蔵原伸二郎の紹介で同人誌『葡萄園』に参加。のちに『文藝都市』にも寄稿する。1936年に「城外」(『文學生活』創刊号、1936年6月)で第3回芥川賞受賞。「小田岳夫」とすることが多い。

==著書==

城外 小田岳夫 著. 竹村書房, 1936

支那人・文化・風景 竹村書房, 1937.

芥川賞全集. 第2巻 (小田岳夫) 書物展望社, 1938.

抗州城図会 外二篇 1938. 版画荘文庫

嵐山附近 赤塚書房, 1939.

あたゝかい夜 他七篇 人文書院, 1940.

泥河 他六篇 砂子屋書房, 1940.

北京飄々 長篇 竹村書房, 1940.

紫禁城の人 墨水書房, 1941.

揚子江文学風土記 武田泰淳共著. 竜吟社, 1941.

魯迅筑摩書房, 1941

大陸手帖 竹村書房, 1942.

森林の池畔で 金星堂, 1944.

雪女 翼賛出版協會, 1944.12. 新民話叢書

落日 耕文書房, 1946. 自選小説叢書

ばら色のお母さん 川流堂書房, 1948.

裏がはの町 長編小説 東方社, 1949.

宵待草 偕成社, 1949.

魯迅の生涯 鎌倉書房, 1949. 人間選書

孔子 東洋の大哲 偕成社, 1952. 偉人物語文庫

孫文 中国革新の父 偕成社, 1953. 偉人物語文庫

寡婦しげ女 小田岳夫 著. 東方社, 1956. 東方新書

真実の行方 裁かれる人びと 芸文書院, 1957.

城外・紫禁城の人 他二篇 1957. 角川文庫

河をわたる女 光書房, 1958.

前島密 前島密顕彰会, 1958.

前島密 郵便の父 日本児童文庫刊行会, 1958 アルス日本児童文庫

薔薇の間 東方社, 1960.

中国あけぼの あかね書房, 1961. あかね文庫

くるま人生川鍋秋蔵 アルプス, 1962.

童話のおじさん 小川未明物語 理論社, 1964. ほーむらいぶらりい

文学青春群像 南北社, 1964.

望郷 学習研究社, 1964. 芥川賞作家シリーズ

中国武将伝 史記三国志の英雄 人物往来社, 1965.

漂泊の中国作家 現代書房, 1966.

石川啄木 青春の伝記 鶴書房, 1967.

義和団事件 新潮社, 1969.

小説坪田譲治 東都書房, 1970.

桃花扇・朱舜水 新潮社, 1971.

下北半島の風 ある明治の少年の話 実業之日本社, 1972.

恋に滅びた人びと 近松の名作から 読売新聞社, 1973.

郁達夫伝 その詩と愛と日本 中央公論社, 1975.

石川啄木 すばる書房, 1977.5. 青春と文学

回想の文士たち 冬樹社, 1978.6.

断橋の佳人 中国男女怪談 中央公論社, 1978.2.

城外・夜ざくらと雪 小田岳夫作品集 青英舎, 1980.6.

善太と三平」をつくった坪田譲治 小説坪田譲治 ゆまに書房 1998.4 「児童文学」をつくった人たち

三笠山の月 小田嶽夫作品集 小田三月編. 小沢書店, 2000.9.

==翻訳==

大過渡期 小説 茅盾 第一書房, 1936.

第三代 / 蕭軍 大陸文学叢書 改造社, 1938.

同行者 支那現代小説三人傑作集 竹村書房, 1938.

愛すればこそ 他三篇 / 蕭軍 武田泰淳共訳 現代支那文学全集 東成社, 1940

現代支那文学傑作集 小田岳夫編. 春陽堂, 1941 

オデッセイ物語 ホーマー 原作 偕成社, 1953 世界名作文庫

中国文学史 宋雲彬 吉田巌邨 共訳. 創元社, 1953. 創元選書

阿Q正伝 魯迅 偕成社, 1966. ジュニア版世界文学名作選 のち文庫