スマートフォン用の表示で見る

小島功

マンガ

小島功

こじまこお

漫画家

1928年(昭和3年)3月3日、東京尾久 生まれ。2015年(平成27年)4月14日、死去。

セクシーな美人画で知られる。

また清水崑から後を引継いだ、酒造メーカー黄桜のイメージ・キャラクターのカッパ画でも有名。

漫画家安野モヨコの伯父でもある。

経歴

高小時代から漫画の投稿をはじめる。漫川端画学校卒。太平洋美術学校中退。

1947年昭和22年)、独立漫画派を結成。1959年昭和34年)にはこれを解散し、加藤芳郎岡部冬彦らの協力を得て、1964年昭和39年日本漫画家協会設立、のち理事長。また同年、漫画集団に入団。

「にほんのかあちゃん」他で、昭和43年文藝春秋漫画賞を受賞。

庶民性を下地にモダンなしゃれっ気を織りまぜた作品「仙人部落」「うちのヨメはん」で人気を博す。他の作品に「黒猫ドン」「日本のかあちゃん」「オシャカ坊主列伝」「コオ釈・西遊記」などがある。

代表作は『ヒゲとボイン』、ビッグコミックオリジナルに長期連載中。そして2004年、エンターブレインから初めて単行本として刊行。(ISBN:475771808X

1956年より週刊アサヒ芸能に『仙人部落』が連載2600回を超えて2014年8月7日号まで掲載されていた。

amazon:小島功

リスト::漫画家