スマートフォン用の表示で見る

小島信夫

読書

小島信夫

こじまのぶお

作家。1915年(大正4年)2月28日、岐阜県生まれ。

吉行淳之介遠藤周作安岡章太郎などと共に第三の新人と称される。

1955年「アメリカン・スクール」で芥川賞

1966年抱擁家族』で谷崎潤一郎賞

1972年『私の作家評伝』で芸術選奨文部大臣賞。

1981年『私の作家遍歴』で日本文学大賞

1982年日本芸術院賞

1983年『別れる理由』で野間文芸賞

1998年『うるわしき日々』で読売文学賞

2006年10月26日歿。

主な著作

長編

  • 『島』
  • 裁判
  • 『夜と昼の鎖』
  • 『墓碑銘』
  • 女流
  • 抱擁家族
  • 美濃
  • 『別れる理由』
  • 『菅野満子の手紙』
  • 『寓話』
  • 『静温な日々』
  • 『暮坂』
  • 『うるわしき日々』
  • 各務原名古屋国立
  • 『残光』

作品集

  • 小銃
  • 『アメリカン・スクール』
  • 『微笑』
  • 『残酷日記』
  • 『チャペルのある学校』
  • 『愛の完結』
  • 『愉しき夫婦』
  • 『弱い結婚』
  • 『階段のあがりはな』
  • 異郷道化師
  • 『ハッピネス』
  • 『釣堀池』
  • 『女たち』
  • 月光
  • 『平安』
  • 『こよなく愛した』
  • 『殉教・微笑』
  • 月光・暮坂 小島信夫後期作品集』