小島徳弥

読書

小島徳弥

こじまとくや

評論家。(1898年7月2日‐1943年頃?)

京都市出身。早稲田大学文科中退。博文館の訪問記者ののち、大正末から昭和初期にかけ文学評論で活躍した。

編著書

共著

翻訳

  • ツウルゲエネフ『父親と息子』金星堂翻訳文庫 1922
  • ローレンス『大尉の人形』聚芳閣 1924