スマートフォン用の表示で見る

小畑実

音楽

小畑実

おばたみのる

歌手1923年1979年

代表曲は「勘太郎月夜歌」「長崎ザボン売り」「星影の小径」など多数。

1957年に引退。その年の紅白歌合戦で自身の曲「高原の駅よ、さようなら」を歌い、花道を飾った。しかし、懐メロブームが盛んになった1969年ごろから復帰。しかし、1979年4月に56歳の誕生日を前にして、急死した。