スマートフォン用の表示で見る

小平邦彦

サイエンス

小平邦彦

こだいらくにひこ

日本を代表する数学者の一人(1915年〜1997年)。東京大学名誉教授。

1949年ワイルにより、プリンストン高等研究所へ招聘され日本からの頭脳流出の第一号といわれた。以後プリンストン大学をはじめ、ジョーンズ・ホプキンス大学、スタンフォード大学などの教授を歴任。1954年数学ノーベル賞といわれるフィールズ賞を調和積分の研究への貢献により、日本人として初めて受賞。他に藤原賞(1975年)、イスラエルウルフ賞1985年)を受賞。彌永昌吉は、義兄に当たる。

主な著書

など