スマートフォン用の表示で見る

小牧山城

地理

小牧山城

こまきやまじょう

永禄3年(1560年)に織田信長によって小牧山に築かれた城。

信長は、ここに清洲城から居城を移し、美濃稲葉山城(後の岐阜城)の斎藤氏と対峙した。

永禄10年(1567年)、信長斎藤龍興を滅ぼして稲葉山城に移ると、小牧山城は廃城された。

小牧・長久手の戦いでは、徳川家康小牧山城址に本陣を置き、城を修築している。

現在の模擬天守昭和43年(1967年)に名古屋の実業家が建設し小牧市に寄贈したもので、内部は小牧市歴史館となっている。