スマートフォン用の表示で見る

小堀遠州

一般

小堀遠州

こぼりえんしゅう

小堀正一(こぼり・まさかず)。1579〜1647

茶道造園の「遠州流」の祖。

近江小室藩主(1万2千石)で江戸初期の大名茶人。近江の国に生まれる。幼少の頃より父新介正次の英才教育を受け、千利休古田織部と続いた茶道の本流を受け継ぎ、徳川将軍家茶道指南役となる。慶長13年(1608)駿府城作事奉行をつとめ、その功により諸太夫従五位遠江守に叙せられ、これより「遠州」と呼ばれる。


生涯に400回あまりの茶会を開き、招かれた人々は大名・公家旗本・町人などあらゆる階層に、延べ人数は2000人に及ぶ。書画、和歌にもすぐれ、王朝文化の理念茶道を結びつけ、「綺麗さび」という幽玄・有心の茶道を創り上げた。


遠州は、後水尾天皇をはじめとする寛永文化サロンの中心人物となり、また作事奉行として桂離宮、仙洞御所二条城名古屋城などの建築造園にも才能を発揮した。大徳寺孤篷庵、南禅寺金地院などは、代表的な庭園である。