スマートフォン用の表示で見る

小野小町

一般

小野小町

おののこまち

平安の女流歌人

809年,出羽国・福富の荘桐の木田生まれ

13才で上京,宮中に仕える

容姿の美しさと優れた才能から多くの女官中、比類なしと称された

六歌仙三十六歌仙として歌を残す

辞世の歌

いつとなく かへさはやなん かりの身の いつつのいろも かはりゆくなり