小野誠彦

音楽

小野誠彦

おのせいげん

1958年生まれの、“Super”レコーディング・エンジニア坂本龍一なども手がけ、後、自らも楽曲の製作を行うが、スタイリッシュな環境音楽として、かのコム・デ・ギャルソンのステージ音楽や、カネボウ等のCM音楽を製作。音の良さ、響きへの拘りが秀逸であり、現代クラシックの最高峰と考える向きもあれば、アバンギャルドの最終進化系であると評価する者も多い。いわば、「アーチストのためのアーチスト」のような位相に嵌まり込んでいる。

http://www.saidera.co.jp/