小野田線

地理

小野田線

おのだせん

山口県にある、JR西日本の路線(地方交通線)。

全線単線、直流電化。以下の2区間がある。

  • 小野田−居能 11.6km
  • 雀田−長門本山 2.3km

本山支線

小野田−居能間のほぼ中央、雀田駅から長門本山駅までの短い支線は「本山支線」と通称される。全国のJRで最も遅くまで旧型国電(クモハ42)が運転されていた(写真参照)が、2003年3月についに新性能化された。

歴史

小野田−小野田港間は小野田軽便鉄道(→小野田鉄道)により1915年11月開業。居能−雀田間は宇部電気鉄道(→宇部鉄道)により1929年5月開業。本山支線宇部電気鉄道により1937年1月に開業。1943年に小野田鉄道宇部鉄道国有化された後、1947年10月に小野田港−雀田間が開業して全通した。

駅名よみ
“えき”は略
接続路線
宇部新川駅うべしんかわ宇部線
居能駅いのう
妻崎駅つまざき
長門長沢駅ながとながさわ
雀田駅すずめだ本山支線
小野田港駅おのだこう
南小野田駅みなみおのだ
南中川駅みなみなかがわ
目出駅めで
小野田駅おのだ山陽本線

本山支線

駅名よみ
“えき”は略
雀田駅すずめだ
浜河内駅はまごうち
長門本山駅ながともとやま


リスト::鉄道路線