スマートフォン用の表示で見る

小林ハル

音楽

小林ハル

こばやしはる

「最後の瞽女(盲目の女芸人)」と呼ばれた人。1900(明33)年、新潟県三条市で出生。

生後100日で失明し、5才で瞽女親方にに弟子入り。9才から初の旅回り。

記録作成等の措置を講ずべき無形文化財人間国宝)として認定。三条市名誉市民吉川英治文化賞受賞。

2005年4月25日永眠 105才。