スマートフォン用の表示で見る

小林邦昭

スポーツ

小林邦昭

こばやしくにあき

プロレスラー

1956年1月11日。長野県小諸市出身。

183cm、105kg。

芦原中時代は砲丸投げの選手。中学卒業後、塗装会社で働いていたが'72年10月に新日本プロレス入門。翌年2月、西条市体育館におけるVS栗栖正伸戦でデビュー。

'80年6月、メキシコ遠征。'82年にはアメリカに転戦、ロスでキッド・コビーのリングネームで活躍し、アメリカス選手権を獲得。10月に凱旋帰国し、初代タイガーマスクと抗争を展開。 虎ハンターと呼ばれ注目を集めた。

'84年9月、ジャパンプロレスに移籍し、全日本プロレス参戦。翌年6月にはNWAインタージュニア王座を獲得。

'86年11月にヒロ斎藤を破り世界ジュニアヘビー級王座を獲得。翌年8月、第4代IWGPジュニア王座を獲得。ヘビー級転向後、反選手会同盟(のちの平成維震軍)を結成。

2000年4月21日後楽園ホールにて獣神サンダーライガーを相手に引退試合

現在は新日のフロント。

得意技はフィッシャーマンスープレックス


リスト::プロレスラー