スマートフォン用の表示で見る

小林雄次

アート

小林雄次

こばやしゆうじ

脚本家構成作家、雑誌ライター。

略歴

1979年9月3日長野県生まれ。A型。

■高校時代より、講談社小説現代』誌上 星新一選(現・阿刀田高選)

  ショートショートコンテスト入選、通算5回(講談社文庫収録)。

長野オリンピックの非公式ドキュメンタリービデオ

  『Behind the Olympic games in Nagano』を制作。

  長野市内のごく一部の地域で注目を集める。

日本大学芸術学部映画学科脚本コース卒。

  在学中、有線のラジオドラマを十数本執筆。

■ 卒業後の2002年、アニメサザエさん』の脚本で地上波デビュー。

■2004年、念願の特撮作品『ウルトラQ〜dark fantasy〜』で2本を執筆。

■第1回BS-i新人脚本賞(『ケータイ刑事 銭形泪 シナリオ募集』)佳作入選。

■その他、朝の情報番組の原稿書き、特撮系雑誌ライター、舞台脚本などを手掛ける。

また、「ウルトラマンマックス」の実相寺昭雄監督の演出回の脚本も担当した。