スマートフォン用の表示で見る

小林良彰

一般

小林良彰

こばやしよしあき

慶應義塾大学法学部教授。専門は政治学・政治過程論。

1954年、東京都出身。慶應義塾大学法学部政治学科、同大学院法学研究科修士・博士課程修了(政治学)、法学博士。

慶應義塾大学専任講師、助教授を経て1991年より現職。

ミシガン大学政治学部客員助教授プリンストン大学国際問題研究所客員研究員、カリフォルニアバークレー校ケンブリッジ大客員教員などを務めた。

精緻なデータ解析による選挙分析や政治問題へのコメントで有名だが、全国各地へのフィールドワークを重ねるなど、自治体の現状と問題点についても知悉している。

『現代日本の政治過程』『選挙制度』『公共選択』など著書、編著多数。