小嶺忠敏

スポーツ

小嶺忠敏

こみねただとし

サッカー指導者。

1945年6月24日生まれ。長崎県南島原市(旧堂崎村)出身。

長崎県立島原商業高等学校大阪商業大学卒。

長崎県立国見高等学校サッカー部総監督

現在は長崎県サッカー協会会長、株式会社V・ファーレン長崎アドバイザー長崎総合科学大学特任教授を務めている。


1970年長崎県立島原商業高等学校の商業科教諭およびサッカー部監督に就任。遠征用のマイクロバスを自費で購入して、チームの強化を図ったエピソードは有名。1977年全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会長崎県勢として初優勝を果たした。

1984年長崎県立国見高等学校社会化教諭として赴任。監督として同校サッカー部を率い、全国高等学校サッカー選手権大会優勝6回、全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会優勝5回など輝かしい成績を残した。

1987年長崎県県民栄誉賞受賞。

1993年FIFA U-17世界選手権のU-17日本代表チームの監督を務め、FIFA主催の世界大会で、日本初のベスト8進出を果たした。この時のメンバーには中田英寿宮本恒靖松田直樹らがいる。

1996年、JFA公認S級コーチライセンスを取得。

1997年長崎県立国見高等学校教頭、2000年に同校校長に就任。校長就任にあたり、サッカー部総監督となる。2006年3月に国見高校を定年退職。

2007年、同郷の久間章生の推薦により、夏の第21回参議院議員通常選挙において自民党公認出馬するも落選。出馬に先立ち、国見高校サッカー部総監督長崎県教育委員会参与などの役職を辞任していた。