スマートフォン用の表示で見る

少額訴訟

社会

少額訴訟

しょうがくそしょう

少額訴訟とは民事訴訟のうち、少額の支払いをめぐるトラブルを速やかに解決する為の訴訟です。

訴状の送り先は簡易裁判所で、訴状には小額訴訟である旨明記する必要があります。

  1. 60万円以下の金銭の支払請求に限って利用できます。
  2. 原則として1回の口頭弁論期日で審理(当事者双方の言い分を聴いたり、証人を調べたりすること)を終え直ちに判決が言い渡されます。
  3. 証拠書類や証人は、口頭弁論期日の当日調べられることができるものに限られます。(たとえば、契約書、領収書借用書、写真など。また証人は当日、法廷に立てることが原則です。したがって相手方が行方不明の時などは利用できません。)
  4. 判決に対しては控訴はできません。ただし、不服がある場合のみ同じ裁判所へ異議の申し立てができます。
  5. 同一の裁判所を利用できる回数が年に10回に制限されています。

小額訴訟に関係する豆知識