スマートフォン用の表示で見る

少額短期保険業

一般

少額短期保険業

しょうがくたんきほけん

日本の保険業法上の区分で、一定事業規模の範囲内において少額で短期の保険の引受けのみを行う事業のこと。保険業法等の一部を改正する法律によって2006年4月1日から施行された。