少弐頼尚

社会

少弐頼尚

しょうによりなお

日本の南北朝時代から室町時代にかけての武将。少弐氏当主。

1359年の筑後川の戦いで征西将軍勢力と戦い敗れた。