スマートフォン用の表示で見る

少年ドラマシリーズ

テレビ

少年ドラマシリーズ

しょうねんどらましりーず

NHKで、1972年から1983年まで制作・放送されていた、少年向けの連続ドラマシリーズ。40代半ばから30代後半の世代の少なからぬ人が青春の一コマとして記憶しているであろう作品群。第一作は筒井康隆原作の「タイム・トラベラー」。この頃は、週一回土曜の夕方6時台に30分の枠で放送していた。以後、学園ものや、児童文学、ファンタジー、ジュブナイルSF、などのラインナップが次々と制作される。また、「長くつ下のピッピ」など海外ドラマも放映。73年4月、光瀬龍原作の「暁はただ銀色」からは、月曜から水曜の6時台に枠が移り時間は25分に、76年5月からは、月曜から木曜までの週4回放送で20分の枠となる。79年からは、枠が一定ではなくなり、不定期の放送となる。83年の「だから青春泣き虫甲子園」を最後に放送終了。11年間の歴史を閉じた。

作品リスト