スマートフォン用の表示で見る

少年犯罪

一般

少年犯罪

しょうねんはんざい

少年法が適用される、二十歳未満の少年(未成年者)による犯罪。

近年増加に関する異論

少年犯罪は1960年代前・中盤が全盛期であり、1960年代後半からは少年犯罪は激減し、1970年代以降は低水準で比較的安定的に推移しており、少年犯罪急増は事実無根である。

図は強盗・殺人・強姦・放火の凶悪犯罪四種の変遷をそれぞれグラフ化したものである。