少納言

社会

少納言

しょうなごん

日本の朝廷の最高機関である太政官の職の1つ。四等官の中の判官に相当する。官位相当は従五位下。定員は3人だが、員外少納言や権少納言が置かれた時期がある。