スマートフォン用の表示で見る

少林寺拳法

一般

少林寺拳法

しょうりんじけんぽう

1947年 (昭和22年) に宗道臣 (1911〜1980) が創始した武道。

宗が中国で学んだ拳技をもとに、自らの理論による独自の拳法をあみ出して「少林寺拳法」と命名した。

本部は香川県仲多度郡多度津町にある。

補足

少林サッカーに出てくるやつが少林寺拳法」といった、「少林拳」と「少林寺拳法」を混同した誤解がしばしば見受けられる。


中国のかの有名な少林寺によって古来より伝承されている中国武術は総じて「少林拳」と呼ばれている。

いわゆる映画の「少林寺」や「少林サッカー」、ジャッキー・チェンリー・リンチェイジェット・リー)のそれである。詳しくは「中国武術」を参照のこと。


一方、「少林寺拳法」は中国武術を元に、宗道臣空手合気道などの要素を加えて新たな体系を編み出し、戦後の日本で独自に発展させてきたものであり、中国武術少林拳」とは全くの別物であるといってよいだろう。

名前こそ「少林寺」を冠してはいるが、これは日本でこの武道を広めるために有名な少林寺の名を借りたまでであり、狭義でいえば、財団法人 少林寺拳法連盟の伝える日本独自の「武道」こそが少林寺拳法である。