スマートフォン用の表示で見る

彰化市

地理

彰化市

しょうかし

台湾彰化県の県轄市。彰化県政府の所在地である。彰化市は昔、台湾原住民平埔族バブサ族の集落「ポアソア社」があったところで、台湾語音でそれを「半線(poaN3-soaN7,ポアソア)」と宛てた。諸羅県に帰属していた。後に清朝政府が「顕彰皇化」という意味を込めた「彰化」に改変した。

1684年、福建沿海居民がこの地に入植を開始し、1723年には諸羅県の中部百余里の地に県を設置する際に「彰化県」と命名され、これが彰化の地名の初見となる。彰化は大陸に近く、また鹿港が貿易の要衝であったことから、彰化は県の政治文化、商業中心地としての地位を占めた。1895年台湾が日本に割譲された後、彰化は台中県彰化庁と改編され、その後台中庁と合併し台中支庁が設けられた。1920年には彰化郡が設置され、再び彰化が行政区域名として復活した。1933年に彰化街・南郭庄・大竹庄の合併により市制を施行し、彰化市が誕生した。戦後、彰化市は省轄市として改編され、現在に至っている。