彰子

一般

彰子

しょうし

藤原彰子平安時代中期、一条天皇中宮藤原道長娘。

かの紫式部和泉式部は彼女に仕えていた。

定子とライバル関係にあったという見方は必ずしも正しくない。定子が子を産んだ直後に亡くなった後、一条天皇はその子を定子に養育させ、定子は愛情深く育てている。*1

*1一条天皇が継がせたがっていた彰子継子定子の子・敦康親王ではなく、彰子の実子・後一条天皇即位すると彼女は父・藤原道長を深く恨んだという話もある。