掌侍

一般

掌侍

ないしのじょう

内侍司で、尚侍・典侍に次ぐ職。中世では、内侍と呼ばれることが多かった。「しょうじ」とも読む。