スマートフォン用の表示で見る

掌典職

一般

掌典職

しょうてんしょく

掌典職とは、日本の皇室において宮中祭祀を担当する部門のこと。

皇居内にある宮中三殿で祭祀を行う。天皇私的使用人集団である。掌典長の統括の下に掌典次長掌典内掌典などが置かれてる。

明治時代から第二次世界大戦中までは宮内省外局として国家機関の位置付けだったが、1947年5月3日に宮内省が廃止されるとともに、国家機関としての掌典職は廃止された。以後は内廷機関として存在しており、従事する職員掌典)は国家公務員である宮内庁職員ではない。費用は皇室費内廷費で賄われている。