昭和維新の歌

音楽

昭和維新の歌

しょうわいしんのうた

昭和五年、海軍中尉であった三上卓*1が作詞作曲した歌。

体制を批判するような内容であるため、2.26事件以降は歌うことを禁じられた。

現代では『青年日本の歌』と改題されていることがある。

*1:5.15事件の犬養毅暗殺を実行した将校の一人である。