昭和38年1月豪雪

サイエンス

昭和38年1月豪雪

しょうわさんじゅうはちねんいちがつごうせつ

昭和38年1月豪雪は、1962年12月〜1963年2月にかけて北陸地方を中心とした大雪の気象庁による命名。「三八豪雪さんぱちごうせつ」などとも呼ばれる。

概要

1962年12月末から1963年2月初めまでの約1か月にわたり、北陸地方を中心に東北地方から九州にかけての広い範囲で降雪が持続した。

冬型の気圧配置が続く中、前線や小低気圧が日本海で発生して通過したため、平野部での降雪が多くなった。最深積雪福井で213cm、富山で186cm、金沢で181cm、伏木(富山県高岡市)で225cm、長岡新潟県長岡市)で318cmを観測した。

鉄道はストップ、道路も除雪が追いつかず、孤立する集落が多数でた。雪の重みによる住家や施設の倒壊も相次いだ。

九州でも断続的に雪が降り、日田大分県日田市)で39cm、阿久根(鹿児島県阿久根市)で38cmなど平野部でも積雪が30cmに達し、山間部では100cmを超えた所もあった。

このため、交通障害通信障害停電農業被害が多く発生した。

2月になると寒気の流入は収まったが、1月に降った大雪の影響で北陸中国地方を中心に雪崩や融雪による洪水が発生した。

被害

  • 死者228名
  • 行方不明者3名
  • 負傷者356名
  • 住家全壊753棟
  • 住家半壊982棟
  • 床上浸水640棟
  • 床下浸水6,338棟

など