昭和39年7月山陰北陸豪雨

サイエンス

昭和39年7月山陰北陸豪雨

しょうわさんじゅうくねんしちがつさんいんほくりくごうう

昭和39年7月山陰北陸豪雨は、1964年7月17日〜7月20日にかけて、日降水量200mmを超える集中豪雨によって出雲地方などで大被害をもたらした豪雨の気象庁による命名。

概要

1964年7月になって山陰地方北陸地方では、梅雨前線により度々日降水量が100〜200mmの大雨に見舞われ、被害が発生していた。そこへ記録的な大雨が降り、大きな被害が発生した。

台風第7号から変わった熱帯低気圧は、17日午後にチェジュ島付近で消滅したが、日本付近には高温多湿な南西気流が流入し、大気の状態が不安定となっていた。

18日には前線を伴った低気圧が、日本海中部から秋田沖に進んだ。

18日夜から19日にかけては別の低気圧が山陰沖を進んだ。このため島根県東部から鳥取県西部にかけてと、石川県富山県では18日の日降水量が200mmを超え、松江金沢では12時間で200mmに達する大雨となった。これらの地方では山がけ崩れや河川の氾濫が多く発生した。

特に島根県では出雲市を中心に多数の山・がけ崩れが発生し、100名を超える死者が出た。また、新潟県では降水量はあまり多くはなかったが、6月に新潟地震が発生した後であり、大きな被害となった。

被害概要

  • 死者114名
  • 行方不明者18名
  • 負傷者221名
  • 住家全壊669棟
  • 床上浸水9,360棟
  • 床下浸水48,616棟

など