スマートフォン用の表示で見る

松井翠声

映画

松井翠声

まついすいせい

活動弁士。洋画の弁士としてインテリ層に人気があった。

本名は五百井(イオイ)清栄。東京本郷の生れ。

写真屋、寺の小僧、新聞配達をしながら、錦城中学の夜間部に入学。昼間の勉強に代りたいことから夜の仕事を探し、当時牛込館にいた弁士松浦翠波に入門。見習い弁士、松井翠声を名乗る。見習い弁士のかたわら、中学を卒業。早稲田大学英文科を卒業後も洋画専門の弁士として一本立ちとなる。

1932年にはウエスタント−キ−を日本に紹介、この方式で制作したオリエンタル映画社の「浪子」に徳川夢声らと出演した。

戦後はNHKラジオの「陽気な喫茶店」に出演、またテレビ放送開始後は「タレントスカウト」「クライマックス」などで司会業として出演し、茶の間でも親しまれた。

1973年8月1日に、ガンで急逝した。享年73歳であった。