スマートフォン用の表示で見る

松井優典

スポーツ

松井優典

まついまさのり

プロ野球選手。

右投右打、ポジションは捕手内野手背番号は49→5→9→44番。

1950年6月26日生まれ。和歌山県出身。

星林高校で夏の甲子園に出場。1968年ドラフト3位で南海ホークスに入団。 

1975年、トレードでヤクルトスワローズに移籍。控えの選手として出場機会は少なかった。

1979年、現役引退。

1980年、フロント入り。主にマネージャーを務めた。

1994年、野村克也に抜擢され、ヤクルトスワローズの二軍監督に就任。

1996年、野村克也の下、一軍チーフコーチに就任。

知性と人格に優れ、スワローズ黄金時代の形成に大きく貢献した。


1999年、野村克也に招聘され、阪神タイガースヘッドコーチに就任。2001年にはヘッド兼1・2軍統合コーチに転じる。

2002年 阪神タイガースのフロント入り。


2005年、東北楽天ゴールデンイーグルスの二軍監督に就任。同年6月、一軍ヘッドコーチに転じる。

同年、退団。フロント入り。