スマートフォン用の表示で見る

松永久秀

社会

松永久秀

まつながひさひで

戦国武将。1510年〜1577年。弾正少弼三悪弾正の一人。

戦国の梟雄。生涯の前半は今ひとつはっきりしない。三好家に仕えるようになって頭角を現し、家宰となる。が、その後、(確証はないが)三好家嫡男三好義興?らを毒殺し、虚脱状態の主君三好長慶を扇動して安宅冬康?を粛正させ、三好家中枢部を事実上崩壊させる。

その後、独立の動きを見せた将軍足利義輝三好三人衆ともに弑逆する。さらにその後、三好三人衆と対立、合戦になり、敵本陣ごと東大寺大仏を焼く*1

1568年の信長上洛の際には帰順、大和一国を安堵される。

その後、武田信玄足利義昭らと結んで信長に反旗を翻すが、三好義継?の死を契機に信長に帰順している。

1577年に再び反旗を翻すが、信長の助命条件を拒み、平蜘蛛茶釜をはじめとする名物茶器多数とともに信貴山城?で爆死した。

「此老翁は世人のなしがたき事三つなしたる者なり。将軍を弑し奉り、又己が主君の三好を殺し、南都の大仏殿を焚たる松永と申者なり」 (久秀を家康に紹介した際の織田信長の言。)

*1:本当は失火説の方が有力ですが