松永良平

映画

松永良平

まつながりょうへい

音楽関係のライター、翻訳家、編集者。1968年生まれ。id:mrbq

大学入学のため上京後、少年時代より憧れていたレコード店勤務を開始。大学卒業後、友人たちと立ち上げた音楽雑誌『リズム&ペンシル』がきっかけで執筆活動を開始。

現在は渋谷ハイファイ・レコード・ストア勤務のかたわら、『大人のロック!』『レコード・コレクターズ』『ミュージック・マガジン』『CDジャーナル』『クイック・ジャパン』などに音楽原稿執筆中。

CDのライナー・ノーツも多数執筆。

インタビュー単行本「20世紀グレーテスト・ヒッツ」(音楽出版社)。翻訳も手がけ、2004年には初の翻訳本、テリー・サザーン『レッド・ダートマリファナ』(国書刊行会)を出版。

編集を担当した単行本は、中川五郎&永井宏?「友人のような音楽」、朝妻一郎「ヒットこそすべて」、小野瀬雅生ギタリスト大喰らい」など。